上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成人後に出来る“大人ニキビ”は、一度できるとなかなか治らないし、
また同じところにできてしまって、本当にやっかいですよね。

私も長年、この大人ニキビに悩まされている一人なんですが、
この前美容関連の記事を読み漁っていたら、興味深い記事を発見しました。

その記事の内容は、大人ニキビが起こる原因の一つが肌の乾燥であることが実験で判明したということなのです。

ニキビといえば、アクネ菌や過剰な皮脂などが大きな原因として知られていますが、
大人ニキビの発生の関して言えば、肌の乾燥にかなり影響されるそうなのです。

この実験は、「ヒト型セラミド」を化粧品に配合した“フジフイルム“が行ったそうで、
「ニキビが出来やすい人」「ニキビが出来にくい人「ニキビがない人」の3タイプにわけて、
肌の水分量と油分量の違いを測定した結果、ニキビが発生しやすい部分の水分量が
他の部分と比べて少ないことがわかったそうです。

ちなみに、油分(皮脂)の量の違いは3タイプでほとんどなかったんだとか。

とても興味深い実験結果ですよね。
大人ニキビに悩んでいる人のほとんどは、もしかすると慢性的に肌が乾燥しているのかもしれません。
いままで以上に保湿ケアをしっかりしたり、保湿効果の高い化粧品に変えることで
今まで悩んでいた大人ニキビがかなり改善されるかもしれませんね。

スポンサーサイト

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。